美容効果や健康効果、さらには老化防止にも効果があるということで、高い人気を集めているのが水素水です。

もちろん、一言で水素水と言っても、幾つかの種類に分けることができます。

基本的に言って、水素水が生成される方法によって、主に三つの種類に分けることができると言われています。

それぞれの種類によって異なるメリットを持っているため、それらの特徴をよく理解した上で賢く利用したいものです。

水素水の中には、電気分解によって生成されたものがあります。

このタイプのものは、一般に水道に直結した浄水器という形で販売されています。

欲しい時にすぐ水素水を作り出すことができるのが大きなメリットと言えるでしょう。

しかし、このようにして作り出された水素水は、すぐに飲まないと普通の水に戻ってしまうため、どこかに持っていっていつでも飲めるというものではありません。

家庭で即時の必要に十分対応でき、なおかつ継続して利用できるものと言えるでしょう。

もう一つの種類は、化学反応によって生成されたものです。

これは、特殊な加工を施した金属であるマグネシウムが水と接触することによって水素が発生するような仕組みになっています。

この場合、水素の発生源となるスティックを容器に入れておくことで、いつでもどこでも水素水を飲むことができるというメリットがあります。

この際、ペットボトルが使用できるため、旅行時やスポーツの時など、携帯にはたいへん便利でしょう。

さらに三つ目の種類として、水素ガスがあります。

一般には、ペットボトルやアルミパウチに入った形で販売されています。

携帯に便利で、ふたを開ければいつでも飲むことができます。

しかし、生成の過程で、水素ガスを入れた時点からどうしても水素が抜けて行ってしまうという特徴があるため、十分の水素をしっかり飲みたいという場合は、やはり家庭で生成できるタイプのものがよいでしょう。

自分の予算や用途に合わせて選ぶことができるでしょう。